【2024年】炊飯器の下取り大手9社を比較!一番お得なのは?

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ

「そろそろ、古くなった炊飯器を新しく買い替えたい」

「今持ってる古い炊飯器って下取りしてもらえる?それとも処分したほうがいい?」

このように悩んだとき、せっかく買い替えるならばできるだけお金もかけずに安く買い替えたいですよね。

本記事では、このような悩みを持っている人に向けて大手家電量販店9社の炊飯器下取り&処分の対応についてまとめてみました。

まず初めに結論からお伝えすると、今回比較した家電量販店9社中、炊飯器の下取りで最もお得に買い替えられるのは『ノジマ』だということが分かりました。

炊飯器については、下取りできる家電量販店自体が少ないですが、ノジマについては他店に比べて断トツで条件がよくお得になっています。

その他、各社の下取りや引き取り条件について違いがあったので、比較しながら詳しく見ていきましょう。

炊飯器の下取りとは

下取りとは、「メーカーや販売店に古い製品を引き渡し、その代金を新製品の購入価格に充てて値引きしてもらう取引」のことをいいます。

たとえば、古い炊飯器を1万円で下取りに出した場合は、新しい炊飯器を販売金額から1万円分値引きしてもらい購入することができます。

ただし、対象製造年などの査定額を左右するポイントは企業によって異なります。

また、破損した炊飯器や状態が悪い炊飯器について下取りしてもらえる店舗もあれば、下取り不可となっている店舗もあります。

炊飯器を下取りに出すときは、企業ごとのルールを事前に確かめておくことが重要です。

【大手家電量販店】炊飯器の下取り相場

ここでは、大手家電量販店9社で行っている炊飯器の下取りについて表にまとめてみました。

象印 圧力IH炊飯器 NW-VA18 2019年製 買取の場合

家電量販店 店頭買取(下取り)
査定価格
備考
ノジマ 1,700円
(下取り)
  • 同等商品の購入かつ購入から30日以内で買い上げと同等の数量の処分可
    (モバイル会員限定)
  • 処分のみはおこなっていない
ヤマダデンキ 100円
(買取)
  • 処分による回収料1,100円かかる
ケーズデンキ
  • 回収手数料1,100円(店頭引き取りのみ)
  • 訪問回収時は別途出張費を加算
ヨドバシカメラ
  • 回収手数料1,100円(店頭・郵送対応)
  • 回収のみの訪問はさらに2,200円(出張費)加算
    (配送と同時の回収は出張費無料)
  • リサイクル券による宅配便での回収費は2,200円
エディオン
  • 回収手数料550円(店頭引き取りのみ)
  • フランチャイズ店舗では小型家電の引き取り不可
  • 小型家電修理品の引き取りサービスあり
ジャパネットたかた -900円
(下取り費用)
  • 基本回収のみはおこなっていない
  • 回収手数料900円、商品配達時に下取り品を引き取り
  • 下取り値引きが適用されることがある(対象商品を購入した場合のみ)
ビックカメラ
  • 1商品購入につき1点無料下取り可能(店頭限定)
  • リサイクル券による宅配回収は費用1,958円
    (箱に小家電詰め込み)

ジョーシン

  • 回収手数料550円(店頭)
  • 宅配便リサイクル券による処分は回収手数料2,090円

*2024年5月当社調べとなります。実際の下取り価格と異なることもあります。

上記の表を見てもらえると分かるように、ノジマ、ヤマダデンキは査定価格がプラスとなりました。

その他は処分費用だけかかる場合や、そもそも下取りや買取自体おこなっていない家電量販店もあるようです。

ジャパネットたかたは査定して買取するようなサービスはおこなっていないものの、下取り値引きが適用される場合があります。下取り対象ではない炊飯器もあるため、使える人も結構絞られてきます。

ヤマダデンキは買取だけでなく下取りも一部おこなっているものの、こちらもジャパネットたかたと同様に下取り対象ではない炊飯器があります。

そう考えると、やはり「ノジマ」の下取り条件が一番お得になっていますね。

ノジマ以外の家電量販店では、基本的に小型家電リサイクルがメインで積極的に下取りをおこなってはいないようです。

ここからは各社の炊飯器下取りや引き取り条件について、もう少し具体的に書いていきます。

ノジマは「下取りチェッカー」で簡単に買い替えられる

一番お得に下取りしてくれる「ノジマ」では、「下取りチェッカー」というLINEで簡単に下取り価格が分かるというシステムを導入しています。

下取りチェッカー

下取りチェッカーは、誰でも簡単に家電の下取り価格を調べられるサービスです。

専用アプリが不要で、LINEとWEBから下取りして欲しい商品の状態や型番を入力すればすぐに下取り価格が分かるので、とてもお手軽に査定できるためおすすめしています。

ちなみに、ノジマの炊飯器の下取り条件は以下の通りです。

ノジマ【炊飯器】下取り条件

  • 製造から5年以内
  • 製造から6年以上の物は店頭での買い替えなら無料で引き取り(店頭引き取り、モバイル会員限定サービス)
  • 製造から6年以上の物は、ノジマオンライン購入なら1,500円負担で納品に来た配達業者に引き取ってもらう
  • ノジマオンラインでも下取り可能

他の量販店に比べて圧倒的に条件が良いので、是非一度下取りに出したいと思っている品を下取りチェッカーで価格をチェックしてみてください。(LINEの友達追加は、下記から簡単におこなえます)

↓LINEとWEBのお好きな方法でご自宅の炊飯器の下取り価格を調べてみてくださいね↓

\LINEの友だち登録はこちらから/

\WEB査定はこちらから/

下取りチェッカー

下取りチェッカー「炊飯器の査定」はこちら

下取り価格がつかない物だったとしても、店舗で商品を購入すれば無料で引き取ってくれます(モバイル会員である必要があります)。

とても良心的なサービス内容となっているため、炊飯器を下取りに出すならノジマ一択であると言えますね。

ヤマダデンキの下取り・処分条件

ヤマダデンキは炊飯器の買取をおこなっているものの、下取り品を査定して下取りするというサービスはおこなっていません。

その代わり、一部の対象商品の購入で下取り値引きをおこなっています。

ヤマダデンキ【炊飯器】下取り・処分条件

  • 通販サイトで「下取り対象」マークがある機種のみ適用可
  • 下取り品の引き渡しは「店頭」または「近隣のクロネコヤマト窓口」でおこなう
  • 買取の場合は2017年製以降のものが対象
  • 買取対象メーカーは象印、タイガー、パナソニック、日立、東芝、パナソニック、三菱、シャープ、ヤマダセレクト
  • 買取対象外の物は、不具合、破損が無いもの。製品ごとの指定された付属品が無いもの。
  • 買取対象外の物は、店頭にて1,100円で処分による引取
  • 炊飯器以外にも処分したい家電がある場合には、指定の箱に詰め放題で2,200円にて、一括で処分できる

たとえば、東芝 RC-10VRV(K) 真空IH炊飯器 炎 匠炊き 5.5合 グランブラック RC10VRV(K)はヤマダデンキの通販サイト「ヤマダウェブコム」で下取り対象となっており(2024年6月時点)、下取りを希望することで1,000円の値引きをしてもらえます。

ただし、炊飯器での下取り対象は「東芝製や日立製の一部のみ」とかなり限られているので、選択肢が非常に狭くなり利用しづらいかもしれません。

また、ヤマダデンキでは買取サービスも実施しており、象印 圧力IH炊飯器 NW-VA18 2019年製の買取金額は100円といった査定金額になります。3年くらいしか使っていない物が買取金額100円と、かなり安く感じてしまいますが、全国的に店舗も多いですし、他社に比べて買取金額を出してくれるだけ良心的であると言えるでしょう。

出典:炊飯器の買取査定・買取価格|家電の買取ならヤマダの買取事前査定サービス

また、2024年5月現在は家電買取キャンペーンをおこなっております。『対象メーカーの「まだ使える炊飯器」は最大2,000円の買取』をぜひチェックしてみてください。

出典:小型家電買取キャンペーン!

ケーズデンキの下取り・処分条件

ケーズデンキでは炊飯器の下取りをおこなっておらず、有料での処分がメインとなっています。

ケーズデンキの【炊飯器】処分条件

  • 小型家電リサイクルとして1,100円で引き取ってもらえる(中型家電に分類)
  • 引き取りのみで訪問の場合は、出張料金がかかる

    ケーズデンキは、家電やゲーム機等のデジタル家電の買取もおこなっておらず、家電リサイクルとしての引き取り処分のみになっていました。

    引き取り費用は、パソコン・デジカメ・ゲーム機のデジタル機器は無料で引き取ってもらえますが、炊飯器は1,100円での引き取りになります。
    炊飯器の引き取り料金としては、他家電量販店に比べて割高となっていますね。

    出典:家電リサイクル – CSR | ケーズデンキ −株式会社ケーズホールディングス

    ヨドバシカメラの下取り・処分条件

    ヨドバシカメラは炊飯器の下取りをおこなっておらず、有料での処分がメインです。

    ヨドバシカメラ【炊飯器】処分条件

    • 1,100円で店頭で引き取ってもらえる
    • 出張しての引き取りのみの場合は、別途2,200円が追加で必要。(納品もある場合はかからない)
    • テレフォンショッピングでも引き取りが可能
    • 炊飯器以外にも処分したい家電がある場合には、縦+横+高さ3辺合計160㎝の箱に詰め放題で宅配便リサイクルが可能(2,200円)
    • 故障して動かない物も引き取り可能

    買取サービスはおこなっているものの、パソコン、スマホ、テレビ、AV機器、ポータブル機器、ゲーム機器関連のみとなっていて、炊飯器のような生活家電は買取サービスの範囲外でした。

    炊飯器購入者を対象に、店頭引き取りの場合は1,100円、商品配送時に入れ替えの場合も1,100円で引き取ってもらえます。

    商品を購入せずに、回収のみを依頼する場合は追加で2,200円の費用がかかり、合計3,300円になってしまうため、割高になってしまいます。

    出張引き取りしてもらうのであれば、縦+横+高さ3辺合計160㎝の箱に詰め放題の2,200円宅配便リサイクルを使用した方が、費用が少なくて済みますね。

    出典:ヨドバシカメラ 小家電 宅配便リサイクル

    エディオンの下取り・処分条件

    エディオンは炊飯器の下取りをおこなっておらず、有料での処分がメインです。

    エディオンの【炊飯器】処分条件

    • 小型家電リサイクルとして、550円で引き取り
    • 縦+横+高さの合計が120㎝以下で10kg以下、取り外し工事不要で使用できる物、人が一人で運べるもののみ
    • フランチャイズの店舗では下取りはしておらず、直営店のみ

    エディオンではゲーム機やスマホ等は買取してくれるものの、小型家電に分類されるものについては、買取の対象外になっているようです。

    時期によっては炊飯器の下取りキャンペーンなど好条件でおこなう場合もあるため、エディオンで炊飯器の買い替えをしたい場合はその都度最新の情報を調べてみましょう。

    炊飯器については550円で引き取ってくれるので、引き取り費用は良心的な分類になります。

    出典:小型家電リサイクル|エディオンのサービス

    ジャパネットたかたの下取り・処分条件

    ジャパネットたかたでは、ノジマやヤマダデンキと比べて下取り品を査定し下取り・買取するというサービスはおこなっていません。

    その代わり、対象商品の購入で3,000円~20,000円という大幅な下取り値引きをおこなっていることがあります。

    ジャパネットたかたの【炊飯器】下取り条件

    • 対象商品の購入で5,000円~20,000円で下取り値引きが適用されることがある
    • 下取り回収手数料が一律で900円かかる
    • 商品の配送時に引き渡し

    ジャパネットたかたは他店舗の下取り条件と並べてみると、下取り値引き額にかなりインパクトがあります。

    ただし対象商品がかなり絞られますし、2024年5月現在ホームページ上に掲載されている下取り対象の商品は5点しかありません。

    そのため、下取り価格が高いとはいえ本当にお得なのか総合的に判断する必要がありそうです。

    下取り対象商品を購入した場合には、下取り手数料として一律900円がかかることを覚えておきましょう。

    出典:【ジャパネットたかた】下取り・引き取りサービス

    ビックカメラの下取り・処分条件

    ビックカメラは、買い替え時に店舗限定で無料引き取りをしてくれます。

    ビックカメラ【炊飯器】下取り条件

    • 購入商品と同一商品を1点購入の場合は店頭持込時、商品配送時、設置工事時に1点無料下取り(ネットショップ買い上げは対象外)
    • 買い替え時に、店頭で無料引き取りをしてくれる
    • 対象商品を購入すれば下取り値引きが適用されることがある。※小家電リサイクル券1,958円を購入する必要がある
    • 縦+横+高さ3辺合計160㎝以内の箱に30kg以下まで詰め放題の1,958円で宅配便リサイクルが可能(オンライン)

      買い替えれば無料で引き取りしてくれるというサービスは、ビックカメラが他家電量販店に比べて優れてる点になりますね。

      対象商品購入時に限り下取り値引きが適用されることがありますが、1,958円の小型家電リサイクル券を購入することが条件に入っています。

      最大5,000円で下取り値引きをしていることもあり、ノジマ以外の査定額を参考にすると、最大5,000円の評価が出ることは中々考えにくいです。

      そのため、実質無料引き取りと考えておくのがいいでしょう。

      また、ビックカメラでも箱に詰め放題で宅配便にて不要家電を処分できるというサービスをおこなっていました。

      こちらもヨドバシカメラと同価格帯で処分できるため、他にも古くなって処分したい家電があれば、使ってみてください。

      出典:買い替え無料下取りサービス【店舗限定】 | ビックSUPERサービス

      2024年5月現在、『暮らしを快適に買い替え祭』を開催中です。「指定商品を購入時」に「リサイクル回収を同時申込」をすれば「古くても壊れていても掃除機を引き取ったうえで、購入金額について最大12,000円の値引きをしてもらえる」キャンペーンとなっておりますので、ぜひチェックしてみてください。

      参考:暮らしを快適に買い替え祭

      ジョーシンの下取り・処分条件

      ジョーシンでは、炊飯器などの生活家電の下取りはおこなっておらず、有料での処分がメインです。

      ジョーシンの【炊飯器】処分条件

      • 小型家電リサイクルとして550円で引き取り
      • 縦+横+高さ3辺の合計160㎝の箱に30kg以下まで詰め放題で1,958円の宅配便リサイクルが可能

      ジョーシンでは下取りでなく買取でゲーム機やスマホ等のデジタル機器の取り扱いはあるものの、炊飯器などの小型家電は下取りも買取もできないようです。

      小型家電リサイクルとしての処分については、炊飯器単品引き取りだと550円、160㎝以内の箱に30kg以下まで、他の家電も詰め放題で1,958円となっています。

      その他の家電量販店と同じような条件になりますね。

      出典:ジョーシン:家電リサイクル

      また、2024年5月現在『ジョーシン会員様限定買取10%UPキャンペーン』を開催中です。買取金額をポイントで受け取りの場合、査定後の金額に10%上乗せをしてもらえます。(併用できないキャンペーンあり)

      出典:ジョーシン会員様限定 買取10%UP

      炊飯器の下取り・買取・その他処分方法ついて

      本棚の前に立つ人

      最後に炊飯器の下取りと買取、またリサイクル家電の処分、その違いについて触れておきます。

      炊飯器下取りの予備知識

      「炊飯器の下取り」とは炊飯器の買い替え、つまり新商品を購入前提の場合に、古い炊飯器を引き取ってもらえるサービスのことをいいます。

      「下取り」は金額のやり取りによって次の3パターンに分かれます。

      • 買取してもらえる場合
      • 無料引取してもらえる場合
      • 有料(処分費用として)で引取してもらえる場合

      単に古い炊飯器を処理してもらう場合は下取りではなく「処分」となり、炊飯器については多くの企業が「有料による処分」のみ取り扱っています。
      そのため、古い炊飯器をお得に手放したいのであれば下取りを利用して費用がかからないようにするほうがよいでしょう。

      また、炊飯器の状態によっては買取のほうが高く売れるケースがあります。

      炊飯器の下取りでは、企業によって下取り値引の金額が一律に決まっていることがあります。このとき、状態のよい炊飯器を下取りに出した場合は数千円となり、買取に出した場合は数万円で売れることもあります。

      そのため、状態のよい炊飯器(とくに新しい機種)の場合は下取り査定額が低くなりすぎないかを事前に調べ、下取りと買取のどちらが得かを把握しておくことが大切です。

      炊飯器買取の予備知識

      家電量販店に限らず、炊飯器はリサイクルショップでも買取してもらえます。

      購入から3年以内の物や状態が良いものであれば、高額買取してもらえる可能性もあるため、一度リサイクルショップで相談してみてください。

      4年以上経過した炊飯器については、一部を除いて無料引き取りや買取不可になることがあるので注意しましょう。

      *炊飯器の処分・下取り・買取の方法については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

      炊飯器を買い替えるべきか分かるチェックリスト|ケース別診断つき

      炊飯器を処分する6つの方法!処分するときに知っておきたいポイント

      下取り以外の炊飯器処分方法

      2013年4月1日に施行された「小型家電リサイクル法(使用済小型家電電子機器等の再資源化の促進に関する法律)」により、不要になった炊飯器の回収が可能となりました。

      回収された炊飯器については、全部または一部の材料や部品を資源として再利用されます。

      なお、回収方法は主に2つあります。

      1つ目は、市役所、出張所、環境センターなどの公共施設や家電量販店などに設置されている回収ボックスに持ち込む方法です。

      2つ目は、経済産業省から認定を受けている業者に回収を依頼して処分する方法です(無許可の業者には回収を依頼してはいけません)。

      まとめ

      今回は炊飯器の下取りについて、家電量販店9社の違いを比較してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめておきます。

      • 炊飯器の下取りをおこなっているのは「ノジマ」「ヤマダデンキ」「ジャパネットたかた」
      • 炊飯器の下取りについて、一番好条件なのは「ノジマ」
      • 「ヤマダデンキ」「ジャパネットたかた」の下取り対象商品が限られる
      • 無料での引取は「ビックカメラ」
      • 処分による引取は「ヨドバシカメラ」「エディオン」「ケーズデンキ」「ジョーシン」

      繰り返しになりますが、炊飯器の下取りなら断然「ノジマ」がお得となっています。

      炊飯器の買い替えを検討しているのであれば、まずは「下取りチェッカー」を使って、お持ちの炊飯器の下取り価格をチェックしてみてください。

      炊飯器の買い替えは、安くはない買い物になりますので、少しでも安くできれば嬉しいですよね。

      炊飯器の買い替え時、本記事の内容や「下取りチェッカー」の下取り価格をぜひ参考にしてみてください。

      下取りチェッカーはこちら

      [PR]下取りチェッカーでお得に買い替え!
      下取りチェッカーで炊飯器をお得に買い替え!下取り価格がスグわかる!
      WEB査定はこちらから!
      LINE査定はこちらから!

      人気記事

      おすすめ記事

      24時間いつでも下取り査定

      でかしこく買い替えよう

      でかしこく買い替えよう