パソコンの下取りはどこに依頼する?6社を比較【2024年5月】

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ

「パソコンが古くなってきたから、下取りに出したい」

「新しいパソコンの購入資金にしたいから、できるだけ高く買い取ってくれるお店が知りたい」

など、パソコンの買い替えにはお金がかかるので、少しでも今のパソコンが高く売れてくれたら嬉しいですよね。

結論からお伝えすると、パソコンを下取りに出すなら「ノジマ」が最も高く買取ってくれることがわかりました。

本記事では、壊れているパソコンの回収費用なども含めて、大手家電量販店6社の下取り価格を調査いたしました。

パソコンの下取りについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

パソコンの下取りとは

パソコンの下取りとは、古い製品や商品を新しいものと交換する取引のことをいいます。古い製品を店舗や販売業者に持ち込み、製品の価値を評価してもらったうえで、価値に応じて新しい製品の価格から差し引かれるサービスです。

たとえば、新しいパソコンを購入する際に、古いパソコンを家電量販店などの販売店にに下取りに出します。
販売店は古いパソコンの価値を査定し、査定額を新しいパソコンの価格から差し引いて、支払い額を提示します。これにより、古いパソコンを手間なく処分し、新しいパソコンを安く手に入れることができる、というわけです。

下取りは、製品の処分や買い替えをスムーズに行うだけでなく、新しい製品の購入を促進するための販売戦略としても利用されます。

関連記事:下取りとは?買取との違いを徹底解説!

【パソコン】大手6社の下取り(買取)相場やサービスの有無

まずは、パソコンの下取りはどこに依頼すればいいのかを解説していきます。

筆者がそれぞれの家電量販店を調査したところ、下記の結論になりました。

  • LINEやWEBから気軽に査定したいなら「ノジマ」
  • 一番高い査定額がついたのは「ノジマ」
  • 動作に不安、もしくは外観に傷が多いパソコンなら「ノジマorヤマダデンキ」

それでは上記の家電量販店を選んだ理由がわかるように、それぞれの店の下取り価格や特徴を次でまとめていきます。

こちらも合わせて、参考にしてみてください。

パソコンの下取り価格をもとに家電量販店を比較

それでは、パソコンの下取りをおこなってくれる家電量販店の下取り価格を比較していきます。

今回比較するのは、下記の家電量販店になります。

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ヤマダデンキ
  • ノジマ
  • ケーズデンキ
  • エディオン

これから比較していくのですが、先に下取り価格などを表にまとめてみました。

比較に使用した機種と、それぞれの表は以下になります。

ノートパソコン LAVIE Note NEXT  PC-NX750JAB [15.6型 /Windows10 Home /intel Core i7 第8世代/2017モデル]

出典:LAVIE Note NEXT|NEC LAVIE 公式サイト

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

ノジマ

21,350円

0円

振込

ヨドバシカメラ

16,000円

0円

現金

ビックカメラ

16,000円

1,958円

現金 or ビック買取マネー

ヤマダデンキ

12,000円

0円

現金

ケーズデンキ

0円(液晶モニターは有料)

エディオン

0円(液晶モニターは有料)

※2024年5月時点の価格です。

家電量販店の下取り金額を調査したところ、下取り価格が一番高いのはノジマ、ヨドバシカメラとビックカメラが2位という順になりました。

あとで解説していますが、ノジマは「下取りチェッカー」にてパソコンの下取りを開始しました。

また、ケーズデンキとエディオンは下取りをおこなっていないため、回収サービスのみとなっていました。

それでは、これらの特徴を含めて解説していきます。

ノジマ

ノジマは2023年8月1日から下取りチェッカーにて、新たな下取り品目として「パソコン」の下取りを開始しました。

対象となるのはノートパソコン、デスクトップパソコン、Apple製品です。

スペック選択による査定と型番入力から下取り価格を調べられます。

ノジマは、今回比較した家電量販店の中で1番目に高い下取り価格となっていました。

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

ノジマ

21,350円

0円

振込

「パソコンを買い替える」という方は、「下取りチェッカー」でパソコンのスペック入力または型番入力で査定金額を調べましょう。

現在下取りチェッカーにはLINE版とWEB版があり、LINE版ではしっかり査定したい方におすすめで、WEB版のほうでは30秒で査定が完了しますので、気軽に査定したい方におすすめです。

また、Windows8,10,11を搭載したパソコンならば2000円以上で下取りをおこなっているので、古いパソコンを持っている方も要チェックです。

▼パソコンの査定はこちらから▼

下取りチェッカーの詳細はこちら

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは、今回比較した家電量販店の中で2番目に高い下取り価格となっていました。

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

ヨドバシカメラ

16,000円

0円

現金

ヨドバシカメラは全国的に展開しているグループで、店頭買取と発送買取に対応しています。

店頭買取だけではなく、発送買取まで対応しているのは嬉しいポイントです。

さらにヨドバシカメラには「どんなパソコンでも10円以上で買取してもらえる」というメリットがあります。

査定額をつけてもらえるのか、回収費用がかかってしまうのか。

これらの判断に迷っているのであれば、ヨドバシカメラに依頼することで安心感のある下取りをおこなえますね。

ビックカメラ

ビックカメラも、今回比較した家電量販店の中でヨドバシカメラと同じく2番目に高い下取り価格となっていました。

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

ビックカメラ

16,000円

1,958円

現金 or ビック買取マネー

ビックカメラは下取り上限額も高いのですが、「ビック買取マネー」という専用の電子マネーを選ぶと、買取価格に5%上乗せした金額をもらえます。

つまり、今回の比較機種であれば16,800円の金額をもらえるというわけですね。

ただし、デメリットもあり、パソコンは必ず有料での回収になるという点です。

美品なら問題ありませんが、少しでも不安があるのであれば、ノジマに依頼するのがよいでしょう。

ヤマダデンキ

ヤマダデンキは、今回比較した家電量販店の中で4番目に高い下取り価格となっていました。

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

ヤマダデンキ

12,000円

0円

現金

ヤマダデンキは、買取に関するお得なキャンペーンをおこなっています。

2024年5月現在「Windows8・10・11搭載のPCの場合は壊れていても1000円で買取(7・XP・Vista等からのアップグレードは除く)』キャンペーンをおこなっています。該当するパソコンが壊れているのであれば、ヤマダデンキの買取サービスを活用することをおすすめしています。

また対象製品以外でも、パソコンの無料回収をおこなっているので、処分が前提にある人はヤマダデンキに持ち込むのがいいですね。

参考:パソコン買取査定・買取価格│ヤマダデンキ

また、『Windows10・11搭載のNEC・富士通・dynabookは上限買取価格5,000円以上で高価買取』キャンペーンもおこなっています。(2024年5月現在)

参考:パソコン買取査定・買取価格│ヤマダデンキ

ケーズデンキ

ケーズデンキは下取りには対応しておらず、パソコン回収サービスのみとなっていました。

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

ケーズデンキ

回収のみ

0円(液晶モニターは有料)

パソコン本体やノートパソコンの回収は0円でおこなってくれますが、液晶モニターの回収は2,200円がかかります。

液晶モニターのサイズは関係なく、一律2,200円で回収してもらうことができます。

エディオン

エディオンも同様に下取りには対応しておらず、パソコン回収サービスのみとなっていました。

家電量販店

下取り上限額

パソコン回収費用

還元方法

エディオン

回収のみ

0円(液晶モニターは有料)

こちらもパソコン本体やノートパソコンの回収は0円でおこなってくれますが、液晶モニターの回収は1,100円、もしくは4,400円がかかります。

具体的にはモニターサイズによって料金が変動し、「ディスプレイモニター(ブラウン管23型以下)」は中型家電扱いで1,100円の回収費用がかかります。一方で「ディスプレイモニター(24型以上)」は大型家電扱いとなり、4,400円の回収費用がかかります。

パソコンの下取り・買取・処分について

パソコンの下取りの基礎知識

次に、下取り前に準備することを紹介していきます。

これから紹介する準備が欠けていると、「店頭に再度行くことになる」「新しいパソコンにデータを移せなかった」などの手間につながります。

1つずつ確認していき、確実に下取りに出せるようにしましょう。

データのバックアップ

まずは、データのバックアップをすることです。

パソコンを下取りに出すには初期化しないといけないのですが、初期化の前に必ずバックアップはおこないましょう。

バックアップの手順はWindowsとMacで異なります。そのため、それぞれの方法を下記に掲載しましたので、参考にしてみてください。

Windows

PCをバックアップおよび復元する|Microsoft

Mac

Macのバックアップ|Apple

データの初期化

次は、データの初期化をしていきましょう。

初期化をしていないと家電量販店で別料金にて対応してもらうか、もしくは下取りに出せないケースにつながります。

こちらも、それぞれの方法を下記に掲載しておきます。あわせて、参考にしてみてください。

Windows

WindowsPCの初期化、リフレッシュ、復元の方法を徹底解説!|Microsoft

Mac

Macのすべてのコンテンツと設定を消去する

パソコンの買取のポイント

次は、パソコンの下取りで査定されるポイントを紹介していきます。

これから紹介する査定ポイントを知ることで、「どれだけ下取り上限額に近い金額が出るか」を判断することができます。

パソコンの状態などに不安がある方は、参考にしてください。

傷・汚れ・割れなど本体の状態

まずは、傷・汚れ・割れなどの本体の状態についてです。

特にノートパソコンに多いのですが、持ち運びによる傷や汚れは付いていないでしょうか?

もしくは画面割れがなく、正常に液晶を見ることはできますか?

傷や汚れは事前にきれいにできますが、画面割れがある場合は、一気に査定額が下がってしまいます。

しっかり今の状態を見極めて、最大の下取り価格を提示してくれるお店に持っていくようにしましょう。

動作に問題がないかチェック

次は、動作に問題がないかをチェックしましょう。

  • 電源は入るか
  • 反応しないキーボードはないか
  • 作業中にフリーズすることはないか

パソコンに限らずですが、どの店舗でも時間をかけて動作確認をしています。

電源が入らないなどの問題があるパソコンは、下取りに出せないこともあります。

その場合はヤマダデンキなど、安くても買い取ってくれる家電量販店に持っていくのがよいでしょう。

下取り以外でパソコンを売る方法

最後は、下取り以外でパソコンを売る方法を紹介します。

今は下取り以外にも売る方法はあるので、それぞれの方法を比較検討して売ることが大事になっています。

  • フリマアプリ・ネットオークションを利用する
  • 買い取り専門店で売る
  • リサイクルショップで売る

関東エリア限定にはなりますが、「出張買取のアシスト」ではパソコンの買取もおこなっています。該当する方は、ぜひ検討してみてください。

出張買取のアシスト ページ画像

「出張買取のアシスト」の公式サイトはこちら。

自分にとって、一番使いやすそうな方法を選んでみてください。

パソコンを処分する際の注意点

下取りや買取をしてもらうのがおすすめですが、急ぎで対応したい場合などにパソコンを処分する方法としては以下の通りです。

  • 小型家電リサイクル法に基づき回収してもらう
  • 不用品の回収業者に依頼する
  • 家電量販店に処分を依頼する

なお、不用品回収業者に依頼する場合、法律を守らずに不法投棄をする悪質な回収業者もおり、高額な費用請求などトラブルも発生しているため注意が必要です。

まとめ

今回はパソコンの下取り金額や、下取りの査定ポイントなどについて解説させていただきました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめておきます。

  • 大手家電量販店の中で、最も下取り価格が高かったのは「ノジマ」
  • ノジマなら「指定OSのパソコンならば古くても2000円以上で買取」というメリットがある
  • 下取り前に準備すべきことは、データのバックアップと初期化
  • 査定ポイントは、本体の傷や画面割れなどの状態。そして、動作に問題がないかが見られる
  • パソコンを少しでも高く売るためには、下取り前に本体をきれいにしておくことと早く売ることが重要

パソコンは機種によって、下取り価格に差が出てくる製品です。

一般的に人気のある機種は高く売れやすいなどの傾向はありますが、お店や事前にポイントをおさえるだけで高く売ることができます。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、高い下取り価格をつけてくれる買取先を探してみてください。

[PR]下取りチェッカーでお得に買い替え!
下取りチェッカーでパソコンをお得に買い替え!下取り価格がスグわかる!
WEB査定はこちらから!
LINE査定はこちらから!

人気記事

おすすめ記事

24時間いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう